卒業生メッセージ

4年間学んだ後には希望する分野への就職や、さらなるキャリアアップを目指して学びを深める道が広がっています。
ここでは5人の先輩の仕事のやりがいや佐久大学での体験をご紹介します。

  • 佐久医療センター

    Y.T.さん(2015年卒業)

    大学の余裕ある実習期間と培った対話力が今も私の支えです。

    主に手術後の患者さんのケアをする高度治療室で勤務しています。手術後の痛みを訴える患者さんが多いのですが、高度治療
    室自体には専属の医師がいないため、看護師の判断力がつねに問われています。勉強しなければならないことが膨大にあり、毎日が研鑽の連続。今振り返ってみても、大学の4 年間で実習期間がしっかり確保されていたこと、多くの人とコミュニケーションできたことが私の支えになっています。

  • 浅間南麓こもろ医療センター

    R.U.さん(2015年卒業)

    実習で悩んでいた私。先生のアドバイスが天職へとつながりました。

    集中治療室で重症の方や手術後の方、救急患者さんの看護ケアを担当しています。
    もともと「就職に有利」という理由だけで看護師を目指したのですが、大学の実習で患者さんとの関わりについて、とても悩み
    ました。そのとき指導教員からかけられた「自分ではなく、患者さんにベクトルを向けてみない?」という言葉が転機に。今では看護師を天職と思うようになり、先生方にとても感謝しています。

  • 小諸市役所

    Y.F.さん(2015年卒業)

    予防活動を通じて病気で後悔する人を地域からなくしたい。

    3年次の「成人看護学実習」で糖尿病の患者さんを担当した時、「もっとしっかり予防すればよかった…」とつぶやかれた言葉が
    心に残り、予防活動に軸足を置く保健師の道を選びました。今は市役所の保健師として、乳幼児健診や家庭訪問、健康教室など
    で地域の人々の健康を支援しています。大学の先生方には今も様々な相談に乗っていただき、佐久大ネットワークに助けられています。

  • 聖路加国際大学大学院 看護学研究科

    C.K.さん(2017年卒業)

    様々な病院で実習でき、進路を考える際の視野が広がりました。

    高校の先生から「ベテランの教員が多い」と聞き、佐久大学へ。入学してみると教員との距離がとても近く、わからないことをすぐに質問できる環境でした。多種多様な病院で実習ができたことも、進路の選択肢を幅広く考えるきっかけになりました。卒業後は保健師についてさらに専門的に学ぶため、東京の大学院へ進学。研究を深めて保健医療の現場に存在する問題を発見し、解決できる能力を高めていきたいです。