概要

佐久大学看護学部では地域医療先進エリアの立地を活かし、自ら考え行動する講義や実習を重ねて、未来の医療を担う看護師を育成します。

特長

アドミッションポリシー  カリキュラム・ポリシー  ディプロマ・ポリシー

各領域の教員が熱意を持って指導します。

基礎総合、成人(急性期・慢性期)、老年、母性、小児、精神、在宅・地域の看護の全領域に専門分野を持つ教授を配置。総勢40名以上の教員が学生一人ひとりを指導。

豊富な実習先で様々な患者さんに関われます。

実習受け入れに協力的な病院・施設が多数あり、急性期の重篤な患者さんからリハビリで在宅復帰を目指す患者さんまで、多種多様な看護の現場で実習が可能。

卒業後の進路には幅広い選択肢があります。

地域から活躍を期待される一方、就職先は全国に広がり、大学病院や国立の医療センター、国際医療に力を入れる病院、公務員など多彩な進路があります。

学部長メッセージ

地域医療先進エリアの立地を活かし、時代を先取りした看護を学べます。

佐久大学がある佐久地域は、国内外に知られる「地域医療先進エリア」です。優れた実習施設に恵まれており、地域医療の一連の流れの中で様々な看護を学ぶことができます。現代医療が入院治療中心から地域密着型への方向転換を示す今、時代を先取りした看護を学べる大学といえます。
看護を4年間学ぶことは、看護の専門家として自律する将来につながります。今後、看護の世界は社会状況・疾病構造・健康問題・治療方法などで大きな変化の時代を迎えます。その中で看護の仕事を続けていくには、相手を大切に考え、共感性や人間性、柔軟な思考力・行動力などが求められます。とりわけ重要なものは、「誰かの役に立ちたい」という優しい志です。確かな志をもち、自ら考えながら共に学びたい方の入学を心よりお待ちしています。

看護学部長 坂江 千寿子