概要

高度な専門性と実践の場で活用できる論理的思考力、研究力を育成します。

 
大学で学んだり、臨床や地域で看護を実践したりするうちに、様々な課題や疑問が生じることでしょう。それらの解決のために、大学院で看護の理論を学修・研究し、深めていくという選択肢もあります。また、自身の体験を整理・具体化したいという想いを抱く方に対しても、門戸を開いています。

特長

看護の実践に密着した修士論文

院生は各自の疑問や実践経験に基づいて課題を研究。集大成の修士論文は地域の専門職に共有・活用されています。

在職のまま修学可能な長期履修制度

2年間で修了できない院生のために、2年間分の学費で3~4年間履修可能な「長期履修制度」を設けています。

少人数学修ならではの細やかな指導

院生1名につき指導教員が2名の手厚い体制。研究や学生生活に関しても、教員が責任を持って相談・助言します。

国際的な視点からの看護の理解

タイ王国などから講師を招聘。豊かな国際活動経験を持つ講師から、看護をグローバルに考える視点を習得します。

充実の学修環境

休日・夜間も利用できる院生専用の研究室を完備。図書館には国内外の看護専門雑誌や研究論文データベースも。

キャリア開発とキャリアアンカー確認

看護の各領域で経験を積んだ教員との出会いが、今後のキャリア開発や専門職としての方向性決定に役立ちます。

10単位まで履修できる大学院科目等履修制度

学士号取得者など一定の要件を満たした人に限り、大学院入学前に特定の科目を履修でき、既修得単位として認定します。

プライマリケア看護コース

特定行為のうち、在宅・施設などで実施頻度の高い8区分17行為の研修を含む「プライマリケア看護」コースが設置されています。

研究科長メッセージ

少人数制だからこそ可能な密度の濃い学修を支援します

大学院の看護学研究科には、学士課程から進学する人はもちろん、看護の現場で実践経験を積んだ人も多く入学します。そのため、実践経験の中で生まれる解決困難な課題や疑問を自ら解決する能力、自らの体験を看護理論に基づいて研究として完成させる能力を養成し、看護師のキャリア形成を支援することが重要な役割となっています。
研究科では定員10 名という少人数の院生に約20人の大学院担当教員が丁寧に関わり、密度の濃い学修を支援しています。修士論文の作成では、研究計画作成の段階から複数の教員による指導・助言体制を整えています。
また、2018 年度より厚生労働省が定めた「特定行為研修」を含む「プライマリケア看護コース」を新設しました。地域医療の先進地である佐久の地域特性を活かし、医師と協力して質の高い医療・看護を提供できる看護師の育成を目指します。

看護学研究科長 松下 由美子