教育方針

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

佐久大学看護学部では、本学の教育理念のもと、教育目標を実現するために、次のような学生を求めます。

1 看護に関心をもち、自らすすんで課題に取り組む意欲と探究心がある人
2 人との出会いをとおして学びあい、人への思いやりを深められる人
3 社会の変化や科学の発展に広く関心をもち、社会に貢献する意欲がある人
 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

人間を健康から死に至る連続性の中で捉え、様々な生活・環境・文化・社会を基盤とする多様な人間のありようを理解します。また、基本的な病態・症状・徴候について学び、それらを体験している患者や家族に対する適切な看護について理解を深めていきます。これらの理解の上に立ち、あらゆる健康レベルの人を個人、家族、地域、世界という視点から関連して捉え、看護を展開する能力を養います。
 

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学看護学部の所定の科目と単位を履修した者には、以下の学士にふさわしい能力を修得したことを認め、学士(看護学)の学位を授与します。併せて、看護師・保健師国家試験受験資格を取得することができます。

1 豊かな人間性と高い倫理観を養い、人々の生命を尊重し、尊厳と権利を擁護できる
2 多様な価値観や生活背景をもつ人々を幅広く理解し、援助的対人関係を形成できる
3 様々な健康状態にある対象者の医療・看護における課題を発見し、解決に取り組むことができる
4 国内外の地域特性と文化的多様性を理解し、健康課題を捉えることができる
5 生涯を通して自己研鑽する自律的学修姿勢をもつことができる
6 保健医療福祉チームの一員として、自己の役割を理解し、関わる人々と協働できる