概要

女性や子ども、そして家族の健康を支援する助産師へ。

学びの特色

アドミッションポリシー カリキュラム・ポリシー ディプロマ・ポリシー

助産師国家試験受験資格のほか2つの資格も取得可能です。

助産専攻で1年間学ぶことで、助産師国家試験受験資格はもちろん、新生児蘇生法(NCPR)「専門」コース(Aコース)認定申請資格、受胎調節実地指導員認定申請資格も取得できます。妊娠・出産を通じて女性と新生児への幅広いサポートを学びます。

3つの領域をバランスよく学び、幅広い視野と思考力・実践力を養成。

助産の基礎を学ぶ基礎領域。具体的なケアの習得と臨床現場での実習を含む実践領域。不妊症や思春期の性教育など、女性と出産に関する課題を考察する関連領域。3つの領域を学ぶことで広い視野と専門知識、思考力・実践力を養成します。

500時間に及ぶ実習により現場での対応力や助産技術を習得。

「助産学実習」では県内に6か所の実習先を用意。地域の臨床現場で500時間近い実習を行い、熟練の助産師から直接指導を受けます。昼夜を問わず出産や出産後の母子のケアに対応しながら、出産時の介助技術や異常時の判断と対処などを学びます。

別科長メッセージ

母と子という2つの命に寄り添い、家族を支える助産師に。

助産師は「人の誕生」という大きなライフイベントに立ち会うだけでなく、女性や子ども、ご家族が持つ「生み出す力」「育む力」「育つ力」を引き出し、そのお手伝いをする専門職です。
母子の安寧と健康を願い、寄り添い支えるためには、確かな知識と技術、そして思いやりの心が求められます。自分自身を心身ともにコントロールし、専門職としての自覚と責任感を持ちつつ、主体的に考え行動できなければなりません。
佐久大学別科助産専攻は2009年の開設以来、地域の病院や助産所の手厚い協力を得て密度の濃い実習を行い、助産師として活躍できる人材を輩出し続けてきました。現在、助産師の活躍の場は病院・助産所だけに留まらず、行政・教育、さらに海外での母子看護支援へと広がっています。近い将来、地域のみならず日本全国や世界で貢献できる助産師を目指して、別科助産専攻で学んでいただきたいと思います。

別科長 湯本 敦子