教育方針

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

1 助産に関心をもち、自らすすんで課題に取り組む意欲と探究心がある人
2 人として成熟し、共感や奉仕の気持ちをもっている人
3 地域の母子保健、女性をめぐる社会の変化や科学の発展に関心をもち 地域に貢献する意欲がある人
  

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

女性の健康を支える基本理念と知識・技術を修得し、助産及び周産期の母子と家族のケアに必要な助産診断・技術の基礎的能力、地域社会の特性を理解し母子・家族の健康を守る科学的思考力を養う教育課程としています。
 

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学別科助産専攻の所定の科目と単位を履修した者には、女性全般・周産期にある女性と乳幼児の家族の健康を支援し、地域母子医療・保健の向上に寄与できる助産師にふさわしい能力を修得したことを認め、修了証書を授与します。併せて、助産師国家試験の受験資格を取得することができます。