概要

佐久大学人間福祉学部では、少子高齢社会でのケアのニーズが拡大し続ける現代社会の中で、ケアの広がりや課題を正しくとらえ、職種や業界の壁を越えて本当に求められるサービスや仕組みを生み出せる人材を育成します。

特徴

保健・医療・福祉システムの一員として優れた問題解決力をもって専門的実践活動ができ、ヒューマンケアの向上に寄与することができる人材を目指すため、既設の看護学部や短期大学部と連携した教育を行い、学部・学年の枠を超えた学び合い(統合・混合教育)による保健・医療・介護に強いケア教育を行います。

また佐久市では、保健・医療・福祉の専門職が地域住民とともに市民の健康を守り増進する取り組みが長年行われています。ケア専門職の実際の関わりや地域住民の活動にも実際に触れ、現場・地域の生きた課題を素材にした継続的、長期的な学びの機会を通して、より幅広い観点から人の生活や福祉というものを捉え、ヒューマンケアを学んでいきます。

卒業後にはケア専門職養成に関する学びをベースに、多様なキャリアデザインを描くことができます。社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格を活かして活躍する医療機関・福祉施設におけるソーシャルワーカーだけではなく、公務員、保健福祉分野での経営・管理職、医療や医療に関わる産業のクリエーター、福祉関連企業などの総合職、ソーシャルビジネス分野など、学生それぞれが目指したい将来像に合わせた、多様なキャリアデザインが可能です。キャリアデザインを明確にして、より専門分化した領域の学びを深めるため複数の教育群を配置しています。探求したい分野を専攻し、領域・専門ごとの知識や技術を幅広く理解し、それを活用したケア課題の解決に向けた学びを深めることで、将来に向けた学修の目的意識を高めることができるカリキュラムを用意しています。

学部長あいさつ

社会福祉領域を中心に看護領域および地域医療領域と連携した専門職人材を養成

“ヒューマンケア”の佐久大学人間福祉学部は、信州佐久の地に拠点を置いて、地域社会を基盤とした豊かな人間性を育み、地域社会に貢献できる、社会福祉領域を中心に看護領域および地域医療領域と連携した専門職人材を養成します。ヒューマンケアという用語は耳慣れないと思いますが、第1に、すべての人の命と健康をまもる保健医療の領域。第2に、豊かな暮らしを実感する地域生活の領域。第3に、人生100年時代を生きる健康長寿の領域をカバーする新しい学問領域でもあります。本学部では、これらの教育目標を習得するためのカリキュラムを用意するとともに、①地域で実際に学ぶ教育プログラム、②佐久ケア・モデルの実践、③地域で活躍する福祉系専門職資格の取得に注力した教育と研究を推進しております。皆さまのご入学を教職員一同で温かくお迎えいたします。

人間福祉学部長 野口定久