科目・実習紹介

授業科目の例

妊娠期の診断とケア

妊婦の生活スタイルを尊重し、継続的に見守る視野を養成


妊娠期は妊婦が心身ともに大きく変わる時期。その生活スタイルを尊重しつつ、母子の健康への認識を高め、妊婦が本来持つ力を引き出す必要があります。妊娠、出産、育児へと続く母子の状態を継続的に見守る視野を育成する、助産師になるための重要な入口となる科目です。

医療診断と医療処置

助産活動を支える 基礎的診断力・技術力を学ぶ


妊婦健診に欠かせない超音波診断技術などをはじめ、臨床現場での異常分娩への対応方法なども学び、常に臨床現場を意識した、臨床で使える知識を着実に修得します。産婦人科医である教員から指導を受けることで、他の職種が求める助産師像を考える機会にもなります。

臨地実習

「助産学実習」は9月から12月にかけて4か月間に渡って行われます。実習直前の8月には、学生が自主的に分娩介助に関する技術練習を重ねます。その後、8月末の学内の分娩介助実技試験に合格後、9月の臨地実習へと向かいます。実習中は助産技術はもちろん、24時間体制で出産に備えるチーム医療のあり方を学び、仕事と日常生活を健康的に両立させるバランス感覚を養成します。すべての実習を終えた12月には最終報告会を開催し、実習を振り返ります。
 
① 助産所ほやほや
② JA長野厚生連 南長野医療センター篠ノ井総合病院
③ 東御市立助産所とうみ
④ 花岡レディースクリニック
⑤ 佐久市立国保浅間総合病院
⑥ JA長野厚生連 佐久総合病院佐久医療センター