教育方針

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

1 看護にかかわる実践的な課題を科学的に探究することに関心がある人
2 看護実践・教育等の経験をもとに看護現象を研究し、看護の発展に貢献する意欲がある人
3 国内外の看護・保健・医療の比較考察に関心をもち、国際的視点で看護の課題を探求したいと考える人
  

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

高度の実践的なアセスメントやコミュニケーションに関する理解、あるいは国際的な場や地域における看護の動向や課題等の理解を踏まえて、看護における研究の意義と方法の基礎を理解します。さらに看護の専門領域における科学的論文をクリティークする方法を学修し、修士論文の作成を通じて、実践に活用できる研究能力を養う教育課程としています。
 

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本課程所定の単位を履修し、論文審査等に合格した者には、看護の専門分野において科学的根拠に基づく高度な看護実践能力、看護研究能力、および国際的視点で保健・医療・福祉の向上・発展に貢献できる修士にふさわしい能力を修得したことを認め、修士(看護学)の学位を授与します。