修了生メッセージ

大学院修了生からのメッセージです。

  • JA長野厚生連 浅間南麓こもろ医療センター 看護部長

    A.O.さん

    先生や同窓生とのつながりは一生の財産です。

    看護の領域が専門分化し、様々な分野の認定看護師が誕生しています。学部卒の新人看護師も増える中、人材育成や病院経営に関する様々な管理問題に直面しました。系統的に管理学や看護学を学び直す必要性を感じたものの、当時は医療安全管理者、副看護部長と責任も重く、退職は考えられない。働きながら大学院で学ぶなど無理では……と不安でした。それでも一歩踏み出して、看護管理学領域があり、長期履修制度で仕事をしながら学ぶことができる佐久大学大学院に入学し、先生方から授業日程の調整等、細かな配慮を受けて、勤務と学業を両立できました。
    大学院では、医療施設の看護職者や看護系の学校の教員など、様々なバックグラウンドをもつ学生が学んでいます。ディスカッションをする中で知らない世界の話を聞くことができ、とても刺激的な日々でした。現職は、看護部長です。ここで出会った先生や仲間とのつながりを大切にしながら、質の高い看護を提供できるよう努めていきたいと考えています。