カリキュラム

1年次前期ではケアコース、ビジネスコース共通の講義です。

語学、コンピュータ技術に加え、修学基礎で自己のキャリア形成と社会人としての基礎教養、文章表現、大学での学び方を学びます。教養科目で自ら課題を見つけ解決し、表現する力を養いながら、福祉マインドを育むために、人の尊厳を保持した自立支援の考え方と、信頼関係に基づいたコミュニケーションの基本を「人間の理解」で、介護保険、医療保険などの社会保険制度や社会福祉法など、高齢者や障害者の生活や福祉にかかわる法制度を「社会の理解」で学びます。

1年前期【コース共適】
教養科目 必修 修学基礎I
英語I又は中国語I
コンピュータの基礎技術I
選択 地域と文化
福祉経営学
専門科目 必修 人間の理解I
社会の理解I
介護の基本I
認知症の理解I
介護総合演習I

選択 生活支援技術基礎編I
生活支援技術障害編I
介護総合演習I

1年次後期よりケアコースを選択しての学修が開始です。

「人間の理解」「社会の理解」の内容を深化させながら、介護福祉士としての専門的な知識と技術を修得します。「こころとからだのしくみ」では人体の構造や機能、介護サービスにおける相手への気づかいや安全への注意点などを学びます。年齢による体の変化を学ぶとともに、認知症や障がいを持った人の特徴とその家族を含めた周囲の環境にも配慮した介護の視点を養います。
このように介護現場で必要な知識と技術を段階的に学び、「介護過程」「介護総合演習」でこれまで学修した知識や技術を統合し、介護計画を立て、どのようなプロセスで展開していくかを修得します。そして「介護実習」で学んだことを実践します。

コース選択 1年 2年
後期 前期 後期
教養科目 必修 修学基礎II
コンピュータの基礎技術II
キャリアプランニング
ビジネスマナー
英語Ⅳ/中国語Ⅳ
健康と生涯スポーツ
心理学
日本語表現法
介護保険事務士
※その他資格科目履修可能
選択 英語II/中国語II
福祉工学基礎
英語III/中国語III
アクティビティ・ケア
専門科目 コース選択 生活支援技術基礎編II
生活支援技術障害編II
介護過程I
介護総合演習I
介護実習I
障害の理解I
医療的ケアI
福祉と会計
社会保障論
生活支援技術基礎編III
生活支援技術基礎編Ⅳ
生活支援技術障害編III
介護過程II
介護総合演習II
介護実習II/介護実習III
障害の理解II
医療的ケアII/医療的ケアIII
生活文化
国際福祉比較論
社会学
介護過程III
介護総合演習II
介護実習Ⅳ
医療的ケア演習
共通必修 社会の理解II
介護の基本II
コミュニケーション技術I
発達と老化の理解II
認知症の理解と介護II
こころとからだのしくみII
介護の基本III
介護の基本Ⅳ
コミュニケーション技術II
社会の理解III